前へ
次へ

投資用マンションについて

投資用マンションについて、特に立地条件や人が住みたいと感じる環境の場所にやはり投資用でマンションを持ちながら家賃収入を得ると言った方法を取る事となります。そう言った投資用マンションを購入する事からスタートするのですが、条件の良い場所や広さがなければ、いくら投資と言ってもやはり空室リスクを抱える可能性も高くなります。そう言った所を考えるとやはり立地条件や広さを兼ね備えた投資用マンションで不動産管理業者を雇い入れながらマンションの管理をお願いすると、ほとんど自分で不動産の管理を行う事無く、プロの方に任せながら、不労所得を得る事となって行きます。そう言った素晴らしい投資用マンションを得る事はとても良い状況と言えます。

旭区で格安のトイレリフォーム

山梨県で土地探しからのお家建設

山梨で省エネリフォーム
季節問わず快適に過ごせるお部屋へと施工しますので、光熱費を抑えられるお家になります

山梨で新築住宅を建てよう

外断熱を使ったRCU工法の特徴についてご紹介
RCU工法は7つの特徴がありますが、1つ目の特徴は立地条件を選ばないことです。2つ目以降の特徴が気になる方はこちらへ

分譲の投資用マンションとアパートの違い

不動産投資をする際にマンションにするかアパートにするかは、一つの悩むべきポイントかと思います。私は日本の将来を考えて、投資をする際は、アパートではなく、分譲の投資用マンションを選択するようにしています。私は、新築物件ではなく中古物件を中心に投資していますが、マンションとアパートを比較すると建物のつくり、セキュリティー、内装にかなりの差があることがわかります。やはりマンションの方が高級なつくり、セキュリティも高いことが一般的です。今後は少子高齢化が進み、ますます人口が少なくなり、賃貸に関しても空室率が増えていくことが予想されます。そんな時代に借り手がどのような物件を選択するかと考えると少しでもセキュリティが高い物件、内装のよい物件を選ぶはずです。今後は、いかに高い賃料をとるかももちろん大切ですが、空室にしないことが最も大切と考えます。

Page Top